« 「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平 | トップページ | 【DVD】ハウルの動く城 »

2006年7月20日 (木)

「夜のピクニック」 恩田陸

夜のピクニック 夜のピクニック

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


そうそう、コレが読みたかったの!!
と意気込んで読んだ割りに、あれ?恩田さんの雰囲気がいつもと違う。
恩田さんにしては凄く大人しい、しっとりしたお話でした。
映画化するらしいですね!それなのになんで文庫本出てないんだろう・・・?
って疑問視する。心に残るいい話、早く文庫本出るといいな。

異母兄弟が同じクラスにいる・・・!!
そんな設定だったら、めくるめく学園物かしら?
なんて変な期待をしていたせいか、少々暖簾に腕押し気味で。
内容は・・・そうですね、はっきり言うとただ歩く。ひたすら歩く話。
歩行祭、こんなのあるって判ってたら、
私は絶対この学校に入らないな、と冷静に考えながら読みました。笑
ちなみにうちの母校は、15K耐久山越えロードレースだったのですが、
それでさえもヒーヒー言ってましたからね。
山越え・・・半端ないですから、本当。だからこの歩行祭かなりの物。
って・・・山越えの話になってしまいましたが、まぁとっても辛いんですよって事で。
でもその辛さを一緒に体験する中で、友情って不思議と深まったりするんです、
って言うのがこの本のコンセプトである。
喜びを共有する・・・ちょっと意味は違うかも知れないけど、雰囲気はそんな感じ。
「こうして、夜中に、昼間ならば絶対に語れないような事を語っている今こそが
全身の痛みでボロボロなんだけど、顔も見えない真っ暗なところで話をしながら
頷いているのが、あたしの歩行祭なのだと」
と貴子の心のセリフがあるのですが、そこが好き。
父親の事を考えながら、貴子も融もお互いにいつもどこかで自分の事を蔑んでいる。
融の絶えず引け目を感じている惨めな自分に対する、理由も判らないイライラと
貴子のどうにかしてこの最後の歩行祭で融に話しかけようとする決意。
そして親友たちが貴子と融を温かく見守っている。
これらが徐々に解れ合って、ついに2人が会話をする時、
文字通り、鳥肌が立つほど感動しました。
そこに実はそれは親友・杏奈によって予言されていた、と言う、
感動的なシーンにおまじないのキラキラした要素が加わって、
とても爽やかな学園物(?)に仕上がっています。
でもね・・・私的に杏奈の弟の登場ってイマイチ重要性を感じない気がしてしまった。
一応彼が引き付け役なのですが、結局美和子も知っていたわけで、
美和子がちょっかいを出してもよかったのでは・・・と少し。
まぁおまじない・・・だから仕方ないと言えば仕方ないような・・・(煮え切らない
後は、最初から最後まで歩きっぱなしだから、少し話が平坦かな。
勿論友情で言ったら一級品間違いないですけど。
とても個人的に忍が好きです。笑
皆様もこの美しい友情を垣間見れる歩行祭、覗いてみてはいかかでしょう。

*80

|

« 「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平 | トップページ | 【DVD】ハウルの動く城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2740338

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜のピクニック」 恩田陸:

» 「夜のピクニック」恩田陸 [本を読む女。改訂版]
夜のピクニック発売元: 新潮社価格: ¥ 660発売日: 2006/09売上ランキング: 43おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/09/12 高校の恒例行事、24時間の歩行祭。最後の高校3年生の歩行祭で、 歩いて歩いて、そして何かが動いていく。 貴子と融、わだかまっている二人の歴史が今動き出し、そして始まる。 あまりにも有名すぎる、第二回本屋大賞受賞作。 読書というのは、歩行祭に似ている。 楽しみにして準備して、例えば図書館で予約したり文庫... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 03:36

» 「夜のピクニック」 恩田陸著 新潮文庫 [Nobody knows]
本屋大賞受賞作品で、小川洋子の「博士の愛した数式」が面白かったので、第二回の受賞作の本書も面白いだろうと思って読んでみることにした。 「夜のピクニック」は、「夜行祭」という一夜に80キロを歩き通す行事、高校生活最後を飾るイベントを、それぞれの想いを胸に秘めて完遂するという物語である。貴子と融もまた、お互いに誰にも言えない想いを抱えたまま、夜通し歩き続ける。しかし、貴子は一つの賭をしていた。その賭に勝ったら、あることを実行しようとしていたのだが・・・。このあとは、ネタバレになってしまう。 恩田陸を... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 10:51

» 恩田陸【夜のピクニック】 [ぱんどら日記]
夜は人の心に魔法をかける。ふだん言えないことが言えてしまう。自分の秘密を人に話したくなる。 あんまり好みのタイプではない男性なのに、夜の車の中だと、ちょっとイイ男に見えたり。(すみません。若気の至りです) ... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 10:58

« 「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平 | トップページ | 【DVD】ハウルの動く城 »