« 【映画】デスノート(前編) | トップページ | 「博士の愛した数式」 小川洋子 »

2006年7月13日 (木)

「天使の卵」 村山由香

天使の卵―エンジェルス・エッグ 天使の卵―エンジェルス・エッグ

著者:村山 由佳
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初の村山さんでした。
恋愛ものだ・・・と判って読んだのですが、やっぱりダメでした。
いや、多分私には純白すぎて爽やか過ぎて、眩しい作品。

映画化されるそうですねぇ!
主人公に市原君を思い浮かべながら読みました。あと、春妃は小西さんで。
個人的に小西さんあまり好きではないのですが、
春妃役にはピッタリだったと思います!
若く見えて可愛い感じと、あの電車で歩太と会う時の雰囲気が合ってたかなと。
うーん、ストーリーはイマイチ平凡だった気もします。
イメージとしては全体的に恋にわくわくする桃色がかったような温かい話なんですが、
ちょっとインパクトに欠ける・・・と言うか、
主人公が考えてる事が浅い・・・と言うか、あまり伝わらなかった気も。
文章は素敵で、まるで映像化するのを目的に書かれたみたいに緻密で、
読んでいると思わずその情景を思い浮かべる事が出来る程なのですが、
なんて言うか・・・人の感情の葛藤?がコンパクトに纏められすぎてる気がしました。
会話で無い部分で主人公の心情の整理がつかないまま、
「あなたはそれで納得できたの?」と聞かれた主人公の気持ちが、
後ろの4行のみで片付けられてしまい、少し残念でした。
まるで漫画のコマ割りのようだ・・・と私は思ってしまったのですが・・・。
最後に春妃が突然に死んでしまいますが、
死に至るまでが急なため、死んだ後の歩太の気持ちが重要になると重いますが、
微妙に曖昧なまま話が終わってしまいます。
しかし、過去を引きずるのを恐れながら、春妃のデッサンを持って春妃の家を出て行く。
そんな最後の一場面はとても素敵だと思いました。

私は恋愛小説・・・と言うだけでちょっと苦めなコメントなので、(笑
爽やかな恋愛小説好きさんにはお薦めかも知れませんが、断言は避けておきます。

*-

公式映画サイト
http://www.tentama.jp/

|

« 【映画】デスノート(前編) | トップページ | 「博士の愛した数式」 小川洋子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2628389

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使の卵」 村山由香:

« 【映画】デスノート(前編) | トップページ | 「博士の愛した数式」 小川洋子 »