« 「火車」 宮部みゆき | トップページ | 「夜のピクニック」 恩田陸 »

2006年7月19日 (水)

「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平

ブギーポップは笑わない ブギーポップは笑わない

著者:緒方 剛志,上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりの電撃文庫、一気に読了!やっぱり面白いよ、上遠野さん。
私的に電撃文庫で一番お薦めと言っても過言ではない。
ライトノベルを超える面白さ。ただ面白いだけじゃないのよ、って事で。
これ中学校の図書館でよく読んだなぁ。
確かシリーズで何種類かあったはずなんだけど。
「ペパーミントなんとか」とか「パンドラ」とかも当時読んだ気がします。
彼是ん年前なのでほとんど覚えてませんけども。ははは

ある女の子が2重人格(?)のような現象で、世界の危機を察知すると
「ブギーポップ(不気味な泡)」と言う少年と入れ替わってしまう。
そして生々しくグロい敵・マンティコアとの対決。
・・・と概要だけ話すと何とも胡散臭いのですけども。
上遠野さんの特徴として、色々な登場人物を主体にして話を進める事。
それが、それが素敵なんです。
第1話での主体は竹田と言う藤花(ブギーポップ)の彼氏。
彼は彼女がブギーポップだと知るのみ。
その後3話での主体の早乙女は、事件の裏側の企みを。
そして最終話では「実はこんな事が起きてたんです!」
みたいな感じで全ての成り行きが判るの様になっているのです。
凄いですよ~1つのストーリーを5個のカメラで撮ってみました、的な。
色々な所で話が繋がっていて、読んでいくうちに、
「あぁこれはここに繋がってたのね!」と言う発見が楽しい。
特にラストのシーンで凪が藤花に握手を求めるところとかね。
そしてこれの面白さの工夫は、
藤花が自分がブギーポップだって気づいてないところかな。
そして不自然なまでに正体がばれない。
と言うかばれても皆言わない。笑
あと、藤花とブギーポップのギャップが大きくて新鮮な事。
ちょっと寂しいのは最後の対戦がハラハラする割りに
結構呆気なく終わってしまう気もしなくもない・・・。
次回に期待しろって事かしら。(都合いい
読ませるライトノベル、是非。

*80

|

« 「火車」 宮部みゆき | トップページ | 「夜のピクニック」 恩田陸 »

コメント

TBとコメントをありがとう御座います。
ツボを突いた書評を書かれますね。参考にさせてもらいます笑
 
上遠野氏の作品はまだ2つしか読んでいないのですが
他の電撃文庫の作者陣と比べて、一歩抜きでている感が有りますよね。
注目の作者の一人です。
 
それでは、またちょくちょく覗かせて頂きます。

投稿: kaito | 2006年7月20日 (木) 23:01

こんばんわ、こちらこそコメントありがとうございます!
ツボ・・・上手く突けていたでしょうか。笑
そう言って頂けると書いた甲斐があります、嬉しいです。

上遠野さん作品、私はブギーポップしか読んだ事がないのですが、
他のストーリーも書かれていたりするのでしょうか・・・?
そうですね、発売当時はすごい人気でしたものね!
ライトノベルでは収まらず、色々な方面に手を伸ばしている感が!
雰囲気的に言うと乙一さん系かなぁ?と最近読み直して思ったりもしました。
乙一さんもライトノベル系ですけどもね、「GOTH」とか。
面白かったので、「ペパーミント」や「パンドラ」も探して、
もう一度読んでみようと思います。

こちらからもまたお邪魔させて頂きますね。

投稿: るい | 2006年7月21日 (金) 01:31

TBありがとうございました。
上遠野さんのさまざまな視点から描くやりかたっていいですよね。
上遠野さんの他の作品もいいですよ。「殺竜事件」シリーズの「海賊島事件」とか。ファンタジーとミステリーの融合がコンセプトのようですが、それが成功してるかどうかは別として、ストーリーやキャラクターがいいので面白いです。

TB返しさせていただきました。

投稿: yady | 2006年7月21日 (金) 20:10

こんばんわ、TB&コメントありがとうございます!
いいですよね~5点カメラ、素敵だと思いました。
主体が変わっても違和感なく読めるのが凄いですよね。
おぉ!お薦めありがとうございます。
「殺竜事件」と「海賊島事件」ですね、了解です!
電撃文庫でしょうか・・・?今度探してみようと思います。
ファンタジーとミステリーの融合ですか、
確かに目指しているものは判る気がしますね。
上遠野さんはキャラクターいいですよね、作りがしっかりしてると言うか、
漫画的な感じで読んでる人も、こんな人かなぁ・・・
って性格とか癖とか映像的に思い浮かべられる感じがいいですよね。

また後日お伺いさせて下さい。

投稿: るい | 2006年7月22日 (土) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2724434

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブギーポップは笑わない」 上遠野浩平:

» ブギーポップ [Cascade]
ぼくは自動的なんだよ ~上遠野浩平『ブギーポップは笑わない』~ 二つ前の記事の都市伝説でこの作品を思い出した。上遠野浩平のライトノベルである。 ブギーポップは笑わない 作者: 緒方 剛志, 上遠野 浩平 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 1998/02 メディア: 文庫 「その人が最も美しいときに殺しに来る死神」 ブギーポップはそういう存在として女子高生を中心に広まる都市伝説。 5人の少年少女の視点から語られる一つの奇妙な事件。 「世界の敵」と... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 19:57

« 「火車」 宮部みゆき | トップページ | 「夜のピクニック」 恩田陸 »