« 「天使の卵」 村山由香 | トップページ | 「白夜行」 東野圭吾 »

2006年7月14日 (金)

「博士の愛した数式」 小川洋子

博士の愛した数式 博士の愛した数式

■博士の愛した数式 * 小川洋子著

友人に薦められたので読んでみた、初小川さん。
いい、いい!!いいよ、小川さん!!
何となく怖い系書いてる作家さんと勘違いしてたので、感動も一入。

「僕の記憶は80分しかもたない」
博士の背広につけてある、一番大切なメモ。
博士が新しいメモにそれを呟きながら書き写すシーンがあるのですが、
もうそこで涙・・・!!
話の前半部分です。
毎日毎日「初めまして」の挨拶から始まる家政婦さんの切なさと
80分経つと全てを忘れてしまう博士の悔しさが、
小川さんの素敵な文章で描かれています。
昨日まで親しく話をしていた人が、明くる朝には「初めまして」に変わり
「君の靴のサイズはいくつかね」と聞かれる時の、
もどかしさと寂しさと切なさは、到底計り知れないです。
自分の記憶に博士が残っていても、博士の中に自分は残っていない。
そう考えるだけで、絶望的な気持ちになりました。
勿論、どうにか乗り越えてゆこうって言う姿にも感動するのですが・・・!!
話の中に出てくる計算式はとても面白かったです。
友愛数!そんなものがあったのか、と数学に弱い私は感心しました。笑
それと、義姉と喧嘩した時に、博士がとっさに出した計算式。
「eπi+1=0」は「皆で仲良く」って意味なんですね。
eπi(博士と私とルート)と1(義姉)を足すと0(環・わ)になる、
と言う意味らしいです。聞いた話ですが・・・。
いやぁもうそれ聞いた時は感激でした!
本文中には説明がないので、でも絶対何か意味があるよなぁ!と思ってました。
最後に博士の記憶は全部なくなってしまいますが、
私はそれで良かったと思います。
一概に全部、とは言えませんが、毎日「初めまして」を
言う必要がなくなっただけでもよかったのではと思いました。
お薦めです、とっても。

映画観れなかったんですよねぇ・・・DVDあとで買おうと思います!

*97

|

« 「天使の卵」 村山由香 | トップページ | 「白夜行」 東野圭吾 »

コメント

TB,ありがとうございます。
映画も良かったですよ^^
個人的には、映画は、“原作を超えた作品”だと思っています。内容的には、ほぼ同じですが、思わず“こんな真心の通じる世界・・・”と思って、二度ほど涙してしまいました。
DVD、是非、観て下さい。

映画の方も含めて幾つかトラバさせてもらいます。

投稿: アッシュ | 2006年7月15日 (土) 03:45

初めまして、アッシュさん。TB&コメントどうもありがとうございますv
映画よかったんですね?!俄然観たくなってしまいました!
実は公開前に本は読み終わっていたのですが、
時間がなくて映画に足を運べず悔しい思いをしました。
「こんな真心の通じる世界」・・・ですか、すごく楽しみです♪
涙腺が弱い方なので、今から泣く準備も・・・。
DVD、今度是非観てみようと思います!ありがとうございました。

こちらからもTBさせて頂きますね!

投稿: るい | 2006年7月15日 (土) 10:26

 こんばんは♪
 またまたTBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 映画は観てないんですが、
 小説のほうは、大泣きしました。
 博士と√くんとの、年齢を超えた友情
 ともいえる心の交流が、
 すごくしみわたりました。
 

投稿: miyukichi | 2006年7月15日 (土) 23:42

こんばんわ、こちらにもありがとうございますv
私も映画は観ていないのですが、小説で号泣しました!!
よかったですよねぇ>△<!
>博士と√くんとの、年齢を超えた友情
本当よかったですね!
特に野球関係のお話には小川さんにも力が入っていたようで、
かなりじ~んときました。カード探しとかも。
余談ですが小川さんは熱狂的な阪神ファンだそうです。笑

映画、よかったと言う話を聞くので今度観てみようと思いますv
こちらもTBさせて頂きますね!

投稿: るい | 2006年7月16日 (日) 01:16

どうも(^∀^)性懲りもなくまたちょっかい出しに来ました。

なんだかんだで僕も映画観てない!
だめやわー。
DVD借りてこないと。

さらりとすごい作品だと思います。
こんなにすぐ読めるのに
むぎゅっとほわっと充実感…お得ですねぇ。

数学できるひとってかっこいいよね♪(そこかよ)
マニアックな世界ではあるけど…
洗練された美しさが見え隠れ。
オイラーの公式が出てくるたびに
この作品を思い出してしまいます。

これは高校生の時、ラジオで書評を聞いて
すぐに買いに行ったんだ。
で、すごく気に入って
いろんな人に貸しているうちに行方不明に。
誰に貸したんだ…自分…。

いつか映画の感想を語れる日が来ると良いね…!

投稿: koba | 2006年8月27日 (日) 16:16

こんばんわ~いらっしゃ~い。カエルの国からようこそ。
なんだか免許を取るってだけで大変ですよ。
何がって?
・・・金が。(めっちゃ生々しい

私もDVD観てないのよー。
もうレンタルも出てるはずだよね!!
でも借りてくる店が近場に無いんだ。痛い、痛い。

本当、サラリと凄いよねぇ。
どんどん消えてゆく記憶って悲しいけど、
でもそう言う中で一瞬一瞬は大切なんだと学ぶ感じがしたよ。
「むぎゅっとほわっと充実感」
うん、君のもう定型文に当てはめない感じが最高です。笑
いい感想だ。
ちなみに、素因数分解って何だっけ・・・
とか言う私の数学的頭脳レベルで読んだけど楽しめたよ。
友愛数は知ってびっくり。
自慢ではないですがオイラーだかコイラーだかはさっぱりでした。

小川さんのランクアップ作品だと私は思う。
だって今までずっとホラー作家だと思って・・・。
ダメだよ、本には読書カード作って、「返却日」書いてもらわんと。笑
私も結構貸しっぱなし、借りっぱなし多いわぁ。
漫画もね。

うん、まずDVDで映画観よう。

投稿: るい | 2006年8月30日 (水) 03:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2646088

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士の愛した数式」 小川洋子:

» 「博士の愛した数式」小川洋子 [本を読む女。改訂版]
博士の愛した数式発売元: 新潮社価格: ¥ 1,575発売日: 2003/08/28posted with Socialtunes at 2005/10/14 友達がとても薦めてくれたので読んだ。 読み終わって友達にメールを書いた。「教えてくれてありがとう」 ほんま、会えてよかったな、って本だ。 深津絵里と寺尾聡で映画化されている。 ※2006年2月、映画、観てきました。感想はこちら。 いい映画だった。... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土) 02:10

» 黒澤監督の遺志を立派に継いだ小泉監督「博士を愛した数式」 [シネマつれづれ日記]
黒澤明監督の映画には、“黒澤ヒューマニズム”といわれるようなヒューマニズムがあった。 「生きる」にしろ「赤ひげ」など、そこには辛口のヒューマニズムがあった。しかし、「まあだだよ」にみられるような晩年の作品には少し押し付けがましいヒューマニズムやメッセージ性が高すぎるような作品が多くなって来たように僕は感じます。 僕が若かった頃の黒澤監督は、「影武者」や「乱」などを撮っており、巨匠と呼ばれているけど時代劇を撮らしたら面白いただのおじいさん監督というイメージでした。 今の若い世代は、黒澤作品な... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土) 03:46

» 話題の「博士の愛した数式」を読んでみた [本が好き・・・]
この「博士の愛した数式」は、「本の雑誌」が主催する書店員が選ぶその年のベスト10のグランプリに当たる本屋大賞を1昨年受賞しています。 この「博士の愛する数式」あたりだろうかエンターテイメント小説に数学が扱われることが一つのトレンドみたいになったのは。 直木賞を受賞した(祝!おめでとう!)東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」の重要人物にも数学者が登場します。「容疑者Xの献身」の僕の記事はコチラこんな純愛あったのか!東野圭吾原作「容疑者Xの献身」 この「博士の愛した数式」の主人公の一人も数... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土) 03:46

» 世にも美しい数学入門 [miyukichin' mu*me*mo*]
 『国家の品格』 でもおなじみの数学者・藤原正彦さんと、  芥川賞作家・小川洋子さんの対談集:  『世にも美しい数学入門』    小川さんといえば、最近映画化もされた小説  『博士の愛した数式』 の著者でもあります。  (↑これも、オススメです{/shootingstar/})  この対談のきっかけも、『博士〜』 執筆のために  小川さんが藤原先生に取材したことからだそうです。  そして、私が... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土) 23:38

« 「天使の卵」 村山由香 | トップページ | 「白夜行」 東野圭吾 »