2011年4月 5日 (火)

「モルグ街の殺人・黄金虫」 エドガー・アラン ポー

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫) モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)

著者:エドガー・アラン ポー
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


中学生の時にはそんなこと毛頭考えませんでしたが、この本は、
世界で初めて密室殺人事件を扱った小説らしいです。世界初。世界初。
いい響きだ。ミステリ好きな上にその昔古典ミステリはだいたい読んだ
とか言っている自分は、遍歴なんて考えない相変わらず残念な研究心。

「モルグ街の殺人」
モルグ街で奇怪なる殺人事件が起こった。サン・ロック区に住む
レスパネエ夫人とその娘カミイユ・レスパネエ嬢が殺されたと言うのだ。
それも普通の殺され方ではない。娘のカミイユは頭皮から毛を毟られた
あげく、暖炉の中に逆向きに押し込められ、レスパネエ夫人は撲殺
された上に、庭園で首と身体を切り刻まれていたのだ。事件の目撃者は
なかったが、駆けつけた十数名のは口を揃え、レスパネエ夫人宅で
二つの声が罵りあうのを聞いたと言った。一人はフランス人で、
もう一人はわからない。ドイツ人じゃないろうか。一人はフランス人に
違いない、だがもう一人は、イギリス人のようだった。
証言は一致しているようで、ある一点で違っている。その点と窓枠の
釘に目をつけたデュパンは、この奇怪な殺人事件を解いてゆくが……

ネタバレしますので、未読の方は是非本書を読んでから。なにしろ
世界初の密室殺人事件ですからネタバレなどで結論を急いではダメです。
みなさんご存知「密室殺人事件」。今やミステリの醍醐味、もしくは
いざとなったらこれ、いや、もうこれでしか読者を楽しませられない
のではないか、とまで東野圭吾を悩ませたりし、『名探偵の掟』など
を書かせてしまう根源・元ネタの本である。内容はだいぶグロテスクで
たんたんとしている。人間ひとりではなしえられないと考えられる
怪力と俊敏さを備えたこの犯罪は、まさしく人間ではない犯人・猩々
(オラウータン)だった、と纏められており、最近の凝りに凝った、
これでもか!という「密室殺人事件」を読み漁っている身としては、
肩透かし、「え、人間じゃないのかよ」という落胆すら感じる。
しかし鍵が掛かっているように見せかけて(偶然そうなったわけだが)
実はそうではなかった、という捜査の凡ミスから、単なる凶悪な動物の
暴走が、奇怪殺人事件として浮かび上がったという、現実の
「あり得そうな殺人」が「密室での殺人」になってしまった
「誤解の面白さ」はやはり世界初ならではであった。今の密室殺人は、
どうも「密室」にするために、殺人を行っていることが多い。
密室になってしまったという面白さよりも、なぜ密室になったのか、
の方に魅力を感じて(誰が?)、しまったからだろう(たぶん作者が)。
「トリック」分類的には、「密室殺人」もトリックの手段に違いないのだが、
しかし「トリック」の括りに収められてしまった時点で、
ここにある「密室殺人」とは、そもそもの性質を分けられている
気もするし。ともかく人間は「なぜ?」という問い、疑問が好きである。
「なぜ、殺すことが出来たのか」「なぜ、密室にできたのか」
「なぜ、殺したのか」なぜ……。この本が出て100年はゆうに経って
いるが、いつしかあらたなる「なぜ」が生まれ面白さが幅を広げる
時がくるだろうか。ミステリの分かれ道。そもそもミステリの存在が謎。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

「そして誰もいなくなった」 アガサ・クリスティー

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

著者:アガサ クリスティー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ここにきてアガサクリスティ!「そして誰もいなくなった」だいぶ昔の本
なのに、常に貸し出されていて、なかなかすぐに借りられない。
年が明けてからかなぁ、と思っていたら、届いたので読み始めたら、
思いかけずノンストップ。さすがである。中学校ぶりの再読でした。

ウォーグレイヴ判事、ヴェラ秘書、ロンバート元陸軍大尉、ブレント老婦人、
マカーサー将軍、アームストロング医師、アンソニー青年、ブロア警部、
の八人は、ある日突然手紙を受け取った。差出人U・N・オーエンのその
手紙には、彼らのごく近しい知り合いの名前があったが、今は簡単に
連絡の取れない遠方にいるものたちばかりであった。多少の不振を感じたが、
しかし日常の煩わしさから逃れるため、十人は手紙で招待され指定された
インディアン島へと集まったのであった。インディアン島とは、
最近転売された有名な豪邸が一軒だけ存在するという島であった。
それぞれ全くの面識なく集まった八人は豪邸に着き、使用人の二人と出会う。
船乗りは本島へと帰っていった。その上使用人の話によるとU・N・オーエン
と言われるこの豪邸の持ち主は、遅れてくるらしい。この島にはこの十人
しかいないようだ……。主人を待つため酒を飲み始める各々。ようやく
会話をし心を許し始めた十人だったが、そこで一人の人間が倒れた。
死んでいる?! 残された九人はこの島に伝わる歌を思い出すが……。

清く正しいミステリ小説。これを読むと、今のミステリ小説がいかに
ひねくれまくっているかがわかる。あぁ、なんて純粋なんだ、と言う感じ。
この本は結末のためにある。だから殺され方や、トリックなどには
注意があまり払われていないように感じる。人が一人、またひとりと
消えてゆくそのしかけは、次は誰? という恐ろしさを、本人たちに
抱かせるために練られている。もしくは、読者がそう感じるために
創られているといっていいだろう。ラスト三人になるまで、
犯人は誰にでも可能だ、というあやふやな状態が続く。ある意味、
トリックすらないのだ。この中に犯人がいると分かっているのに、
分からないもどかしさ。そして、自分の侵した罪を再確認し、
強がりと、そのしたにかくれている怯えた心を上手く描いている。
本当は、死んでもいいと思っていたような……いや、違う。
今まで隠してきた自分の罪を、隠していた期間の間だけ重く感じ、
自らの死を考える。もちろんそれは「殺されるかもしれない」という、
「死」であるが、同時に、殺されるほどの罪であった、ということを、
深く考えていたように思う。死んでも仕方がない邪悪な心をもっていた、と。
犯人は、とても意外性がない。というのも、現代の小説は「あついが?!」
という驚きのオンパレードを目指しているからだ。犯人でありそうな人が、
犯人であるのはつまらない。そんな考えから、トリックにトリックを重ね、
まさか、あいつが!という追求になっているように感じるのだ。と、
そんな小説ばかり読んでいて、それからこの本を読むと、ため息を
つきたくなる。人を殺す。それは重要で、重大な事である。だから、
何かの信念がなくてはならない。それは誰もが頷ける穢れのない志であり、
誰もが感じる憎悪でなくては。けれど、殺人に穢れがないものなどない。
だから、この事件の犯人をも、クリスティは殺さねばならなかったのである。
ひとつ残念なのは、この本に出てくる、インディアンの歌である。
十人のインディアンが一人ずついなくなり、そして誰もいなくなる、
という歌である。この殺人は、この歌に模したものになっており、
最初の方で、登場人物もそう認識している。それなのに、次に行われる
はずの、殺人への研究というか、例えば海に消える、というのだったら、
みんなで海に行かないようにする、とかいうことだが、そういう努力がない
のは、どこか死を受け入れているようにも思えなくもない。そう感じるのは、
狙いどおりなのか、そうでないのか、ちょっと気になった。
読んで損はない、最高のミステリである。

★★★★★*95

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

「オリエント急行の殺人」 アガサ・クリスティー

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

著者:アガサ クリスティー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


わー久しぶり。読んだ、という記憶は読み始めて数ページで思い出しました。
しかし、どんな話だったのかは、ほぼ忘れていました。あぁ、記憶なんて、
こんなものよねぇ、とか今回もまた思ってしまいましたね。まったく、
読んだら、ずっと覚えていればいいのに。それにしても良い本です。

急用のため引き返すことになったムシュー・ポアロは、
オリエント急行に乗車した。乗客は他に十三名。中は寝台になっており、
目的地に辿り着く三日間は否応なく赤の他人が一緒に過ごす事になる。
様々な人種の人間が乗り合わせる名物列車は、満室であった。
ポアロはその列車の中で人相の悪いラチェットという男に相談を
持ちかけられた。自分はある人物に命を狙われている。ぜひ護衛して
ほしいと言うのである。その強引な会話に呆れたポアロは、無論話を断った。
出発前から心配されていた事ではあったが、走行中次第に雪が強くなった。
終いには夜中ごろ、列車は雪崖に突っ込み、立ち往生する羽目になった。
静まり返った車室。そんな時ムシュー・ポアロは隣のラチェットの部屋で、
物音を聞いたのだった。空耳だろうか……しかし、朝になり車掌が戸を
開けたとき、ラチェットは死んでいたのである。

これを読んだのは中学生の時。もはやどんな順番で、どの巻を読んだのか不明。
ちっとも思い出せないので、仕方なく絶対読んだ事のある本から
読み返す事にした。まずはこの本。確かに読んだ事がある。
しかし、物語はおろか、犯人までも途中までさっぱり忘れていた。
重症である。ところで、この後ネタバレするので、お気をつけを。
この本のよいところは、様々な人種が乗り合わせている、という
特殊な状況と、はたまた雪で立ち往生、という密室性が、効果的に
ミステリィを楽しくしているところだろう。様々な人種、という点では、
日本は島国なのであまりなじみがないが、国境を跨いだ旅行のうち、
乗り合わせるそれぞれの国の人々、というはとても自然であるし、
また、国境を跨ぐだけで変わる国民性、というものも面白い。
もちろん、そこは話を面白くする仕掛けなのであって、例えば
何人であっても、人を殺すのであろうが、「陽気なイタリア人は、
刃物を使って殺しそうだ」などと、無謀な推理が、とてもいい。
一概に否定できないのも、一因かも知れない。国別に犯罪種類の
統計をしたら、もしかしたら、凶器に大きな違いが出るのかもしれないのだ。
それに人が入り乱れる様子を、アメリカのようだ、と表現するのも、
とても上手いものだと思う。最後庇い合う人間が生み出した謎を、
解きほぐしてゆくポアロの推理が感嘆である。
いないはずの赤い着物の女性、とか、ちょっとぞっとする要素も絡め、
ある過ぎる証拠品の謎。素晴らしいプロットだと思う。
そんなこと当たり前すぎて、褒めるのも恥ずかしく思うほどである。
なんだかこの本だけ読むとポアロは偏っているように思えるのだが。
順にまた読もうと思う。一度読んで損はない本。

★★★★★*91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

「風の影 上」 カルロス・ルイス・サフォン

風の影〈上〉 (集英社文庫) 風の影〈上〉 (集英社文庫)

著者:カルロス・ルイス サフォン
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりに海外本を読んでみたりして。何だか最近面白い本に
巡り合えないので、海の向こうに手を伸ばしてみることにしました。
面白いことは面白いんだけどなぁ、けれどもどうも楽しめない。
この本、貫井さんの『追憶のかけら』と傾向が似てます。

父が古本屋を営むダニエルは、幼い頃不思議な場所に案内された。
もう人に読まれることのなくなった本ばかりが集められた、
俗に「本の墓場」と呼ばれるところだった。
そこで父はどれでも一冊好きな本を選んでいいという。
そして、それを選んだら、その本が決して失われぬよう、
全力を尽くして守り抜くことを約束したのだった。
全く無名の作家フリアン・カラックスの手に取ったダニエルだったが、
その本は稀に見る希少価値の高い本だった。正体不明の男が、
見つけるたびに燃やし抹消してしまうと言う謎の本…。
一体どんな真実が隠されているのか、ダニエルは探求を始める。

前半はとても楽しくない。主人公が十歳のところから始まるのだが、
かなり思考が大人びすぎていて「おいおい」と思う。
ダニエルが手に取った、という問題の『風の影』と言う本についても、
内容は不倫の本である。本当の父親は別にいるんだ、
という何ともドロドロとした内容なのに、十歳の少年が、
引き込まれて本の虜になった、とか書いてあるので、
思わずつっこみを入れたくなるのが本音であった。
内容の中に、時間経過が上手く描かれていないので、
読者の気づかぬうち主人公はいつのまにか十四歳になっているのだが、
このあたりからは、少しずつ「ミステリ」と言う分野で面白みを感じる。
しかし、ここでも問題なのは、女性関係である。
一生をかけて守らなければならない本を、「君にプレゼントするよ」
と彼女でもない女にかなり安易な気持ちで上げてしまう、ダニエル。
で、かなり危機一髪な瞬間を味わうのに、ちっとも反省しやしない。
クララはそんなに純粋清楚な女じゃなかったって事だよ、
それに気づいて自分を戒めるくらいしろよ、と言いたいところである。
この本の一番の魅力は、比喩である。大変素晴らしい比喩が、
惜しげもなくふんだんに使われていて、とても想像力が働く。
願わくば、前半の臭すぎる比喩に作者が気づいてくれれば、
もっと良いのではと思うんですけどねぇと、またボソリと言っておく。
下巻も読もう。けれども、それほど読む気になれないのは辛いもので。

★★★★☆*86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

「四つの署名」 コナン・ドイル

シャーロック=ホームズ全集 (2) シャーロック=ホームズ全集 (2)

著者:コナン=ドイル
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


シャーロック・ホームズ再び!中学生の時に貪るように読みました。
やっぱり面白いですねぇ、このホームズとワトスン君との掛け合い。
そう言えば、大体の本がワトスン君主人公ですが、
どれだったか、ホームズ一人称や三人称もあるんですよ。また探そう。

ここ数年見知らぬ人から同じ日に高価な真珠が送られてくる、
という奇妙な相談をホームズはモースタンから受けた。
どうやら送り主は軍人であったモースタンの父に関係しているようだが、
名が書かれていないため、定かではない。
最後に届いた手紙の中に、直接面会を求める文章が書かれていたため、
モースタンとホームズ、ワトスンは待ち合わせの場所へと向かう事にした。
その間にホームズが行った推論により事は簡単に済むと思われたが、
面会後、彼らは死体を発見してしまう。
複雑に入り組んだこの事件をホームズはいかにして解決するのか。

これが一番最初だったような気がして読みましたが、違いました。
これの前に「緋色の研究」と言うのがあります。
確か中学校で読んでいたのは、全集だったので、
いっしょくたになっていた可能性も、なきにしもあらず。
内容は、と言うと初期である事も含め、
かなり不可思議な事件であるし、犯人が微妙な位置から登場するため、
はっきりいってあまりお薦めはしない。
しかし、それを差し引いても、ホームズとワトスンのやりとり、
それから臨場感のある殺人現場の描写、がとても素晴らしい。
「推理小説って言ったらこれでしょう」と胸を張っていえるような、
見本的な雰囲気をかもし出しているのだ。
まぁ勿論ここから始まったと言っても過言ではないけれど。
一番はやはり奇特な探偵に、助手的な一般人を置き、
事件とそれから探偵の常軌を逸した不思議行動を観察する、と言った構図が、
王道ながらそれを存分に生かした描写になってるところだろう。
そんじょそこらの推理小説を読む前に、これを読んでくださいよ、
と私は手渡したい。ちなみにそうした点で青山剛昌の「名探偵コナン」は、
とってもいい味出してるよね、とか思ったりする。漫画だけど。
そう言えば、話はそれるけど、この本でワトスンは結婚するのだが、
確かこの後の感でも何回か結婚している…という作者のミス?があるのだ。
どの巻だったか忘れたけど。あと、これはあとがきで思い出したけど、
ワトスンの傷場所が「緋色の研究」とは違っていたり。
ある意味で原点的な本。是非読むべし、と押しておく。

★★★☆☆*83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

***このブログのあれこれ | *ライブ(セットリスト一覧) | *映画・DVD (85) | *漫画 (18) | *読了本(678) | *雑談 | *雑談(エッセイ的なもの) | ■作家別一覧('12.12.01) | ■個人的お薦め本 | □掲示板 | あ あさのあつこ (15) | い 伊坂幸太郎 (20) | い 伊藤たかみ(6) | い 石持浅海 (6) | い 石田衣良 (6) | う 歌野晶午 (5) | お 乙一 (15) | お 大崎善生 (3) | お 奥田英朗 (7) | お 恩田陸 (6) | お 荻原浩 (10) | か 上遠野浩平 (7) | か 川上弘美 (8) | か 桂望実 (4) | か 海堂尊 (6) | か 角田光代 (38) | か 金城一紀 (5) | き 北村薫 (5) | き 桐野夏生 (8) | さ 佐藤多佳子 (7) | さ 桜庭一樹 (6) | し 島本理生 (5) | し 時雨沢恵一 (8) | し 重松清 (8) | せ 瀬尾まいこ (8) | た 太宰治 (5) | た 谷川俊太郎 (7) | つ 津村記久子 (4) | と 豊島ミホ (10) | な 夏目漱石 (11) | に 西澤保彦 (6) | ひ 姫野カオルコ (4) | ひ 東野圭吾 (22) | ほ 本多孝好 (8) | み 三崎亜記 (3) | み 三浦しをん (5) | み 宮部みゆき (17) | む 村上春樹 (17) | む 村上龍 (4) | も 本谷有希子 (4) | も 森博嗣 (24) | も 森絵都 (7) | や 山本幸久 (2) | や 山本文緒 (13) | よ 吉田修一 (23) | よ 横山秀夫 (10) | 他 その他:ノンフィクション・ビジネス書等 (15) | 他 その他:女性作家 (64) | 他 その他:男性作家 (96) | 他 アンソロジー (7) | 海外 その他 (5) | 海外 ミステリー (5) | 記事収納庫